グリーンミーティング

サンズ リゾーツ マカオは、環境に対する責任を果たすため、環境維持開発の推進、自社事業が自然環境に与える影響の軽減、お客様のリゾート体験や当社が事業を展開する地域社会におけるクオリティ オブ ライフの向上に取り組んでいます。環境への責務を継続的に改善していくための指針として、当社ではSands ECO360°戦略を開発しました。

「SANDS ECO360°ミーティング」プログラムは、ミーティングプランナーの方やお客様に環境に優しいチョイスをご提供する総合的な取り組みです。当プログラムではイベントが環境に与える影響を減らすためのさまざまな方法をご提案します。イベントプランナーのお客様には、以下の3点のメリットを実感していただけます。

環境性能に優れた施設:ザ ベネチアン マカオは、マカオ環境保護局の「マカオ グリーンホテル ゴールドアワード」を受賞しています。環境性能に優れた当ホテルの建物では、省エネ・節水に努め、屋内汚染物質が極力少ない製品や資材を使用しています。

持続可能な慣行の導入:持続可能な慣行の導入:当社の事業では、資源の保全、大気環境の汚染防止、リサイクル、グリーン購入といった持続可能な慣行を、業務に自然に取り入れています。こうした慣行を実践している当ホテルなら、環境に配慮したお客様のイベントが、さらに価値あるものになります。

グリーンミーティング各種オプション:より環境に優しいイベントを開催するためのオプショナルサービスを多数ご用意しております。グリーンミーティング コンシェルジュが、お客様の目的に合わせてカスタマイズしたサービスをご提案いたします。イベント終了後には「Sands ECO360°イベント報告書」をお渡しします。これは、エネルギーや水の消費量、リサイクル率、CO2排出量、および持続可能性の取り組みに関する要点をまとめた総合的なレポートです。

コミュニティへの貢献

イベントに企業の社会的責任(CSR)を組み込むことに興味を示しているミーティング主催者と共に、私たちは出席者がマカオのコミュニティに貢献できるようなプログラムの作成に取り組んできました。

Caritas Macao Food Bank (Meng Leong Fong)

Macao SAR Social Welfare Bureau (IAS)によって委任されたCaritas Macao’s Food Bankは、2011年に設立して以来、22,600世帯以上の家族に援助を提供してきました。この食料バンクは、マカオで継続的に高騰しているインフレに取り組んでいます。食料バンクの希望者の80%は低所得家族で、ほとんどが高齢、無職、新しい移民、または政府による経済的支援を待っている人々です。

詳細については、こちらをご参照ください:

www.sands.com/sands-eco-360/our-vision.html

Green Meeting